幸福偏執雑記帳

あざらしこと青波零也のメモ的なものです。

2023年3月 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

Icon of aonami
んん~~~~日数に比してやるべきことが多すぎる気がするぞ!?
いや無理めなスケジュールを組んでる自分が悪いので投げ捨てれば大したことはないのだけども!
とりあえず休み休みやれることからちょっとずつ頑張ろう~。
Icon of aonami
みすでざが楽しいので(反応がわかりやすいのが嬉しいのとローカルの流れが適度で見やすい)、せっかくだから無名夜行の設定書いたもの置いときたいな~。
どちらにせよおぺぶいで設定文書出すつもりではいるから、イースターX描くついでになんか……どうにか……!!
Icon of aonami
KAC2023第7回「いいわけ」できた! 完走~!!
無名夜行 罪人たちの一夜
https://kakuyomu.jp/works/16817330653904...

最後の最後で突然がっつりした話が書きたくなってしまったあざらしを殴った方がいい。
これ8800くらいある。馬鹿なの?
あと〆切が明日昼だと思ってたあざらしも殴った方がいい。無理やり終わらせました。
どうも今回のKAC7作だけで40000文字を超えてるらしく、平均文字数がおかしい。
このあざらしってひと、加減がない。知ってはいたけど。

#無名夜行
Icon of aonami
終わらぬ(わかっちゃいた)。明日のあざらしが頑張ります。
Icon of aonami
KAC2023、第7回「いいわけ」。
い、いいわけか~困るな……。
普通に「言い訳」で書くかな。
Xというひとのあり方、「私」の己への言い訳、みたいなやつ?
Icon of aonami
KAC2023第6回「アンラッキー7」できた~。
無名夜行 欲望と無欲の天秤
https://kakuyomu.jp/works/16817330653904...

7000文字ある。そりゃ朝だけじゃ終わらんよ。昨日粘ってよかったな。
物欲センサーの話。
意外とXはこういう変な運の良さはありそう。普段ギャンブルとか全くしないだけに。
なおX自身そういう自分の特性に何とはなしに気づいており、あえてディーラーとの駆け引きが発生するタイプの遊戯でなく機械的なスロットマシンを選んでいたりする。
単にディーラーとやり取りするのが苦手というのもありそうだけど。

#無名夜行
Icon of aonami
うーん3000で序盤! バカなの???
展開が思いつかないまま好きなことだけ書いてるのが悪いと言えばそう。
Icon of aonami
KAC2023、第6回は「アンラッキー7」か~。
異界カジノの話とかにしよかな。
おつとめしながらちょっとねりねりしたいとこです。
Icon of aonami
タロットおしまーい!
とりあえず新刊のページ数ほぼ確定したので〆切が一週間ほど早いカバーの作業をすべきなのだわ! 頑張れあざらし!
仕事をしてきます。
Icon of aonami
KAC2023、第5回「筋肉」あまりにも難産だった。困った。終わったからよいけど。
無名夜行 神話が生まれた日
https://kakuyomu.jp/works/16817330653904...

でもかねてからやりたいテーマを消化できたのでよかった。
『異界』において、Xの存在は結構面白おかしくとらえられるんだよ、という話。
(今までも「悪魔ではなく」がそういう話なんだけど、また別の解釈もあるな~と思っていたため)
ともあれまた明日にお題なので頑張ろう~!
明日の朝は流石にタロットをやります(そうだね)

#無名夜行
Icon of aonami
Proof of Alice's Existence
というのが無名夜行のサブタイトル。
英語として合ってるかどうかはわからない。
Icon of aonami
らくがき、レイとクレセント

20230311220505-aonami.png
もはや誰も知らないでしょこいつらのことは!!!!(ダァン)
知ってるのは20年くらい前からあざらしを知ってる人だけです。よろしくな。
えーと、トンチキスぺオペ話を書いてた頃があり、その主人公二人です。
肉体派で掛け算九九のできないレイ・セプターと、頭脳派苦労性に見せて実は脳筋のクレセント・クライウルフ。
未開惑星に探査に出かけ、騒動に巻き込まれ(起こしてるんじゃないか?)、そして最後には宇宙船が爆発するというワンパターンなドタバタコメディの登場人物でした。
ちなみにその物語の10年後を舞台にした話はがっつりシリアスです。前日談と後日談の温度差が酷い、いつものあざらしです。
(それが生まれて初めて完結させた長編『Planet-BLUE』なんですが、それはまた別のお話)

でもシチュエーション的に無名夜行に近くもあり(未開惑星と異界の違いくらいなので)、あざらしはこのころから今に至るまでずっと、未知の世界との遭遇系が好きなんだろうな~ということを思うなどしている。
畳む


#あざらしおえかき
Icon of aonami
みすきー快適すぎてついったーに全然戻れない びっくりする
特にmisskey.designの傾向が一次創作のみってところもよいのかもな~。
最近TRPGの現場、やや「こうあるべき」論が多くてしんどくて……。
(フォロワーさんがそう、ってことじゃなくて、そういう言説が回ってきやすい環境ということ)
あざらしはTRPG含め、何につけても失敗していいし、ダメな時はダメで全然いい、次なんかいいことがあればいいじゃない、と思ってる派閥なので、「やり始めたら必ずいい経験をして、いい経験を与えなきゃならない」みたいな圧力が結構……しんどいのかもな……。
わかるんだよ、基本一期一会で、しかも複数人で時間を捻出している。できればいいことをしたい、というのもわかる。
でも、上手くいかないことだって当然あるわけでさ~そして全員が全員同じメソッドを使ったってつまらないわけでさ~!
もちろん、よりよくするために自分がよいと思ったものを真似ていくのは全然いい、というのは前提として。
いろんな場があっていい。あざらしはそう思うよ。場の人間のコンセンサスさえとれてれば、それでいい……。

とまあ、色々昨今の言論には思うことはあれど。
今日の卓はめちゃめちゃ楽しかった~! 生き生きしている。
喋れそうなキャラ持ってったのはよかったかも。あとアサツキさんが上手いなやっぱ。喋りやすい、水の向け方が上手い。
自分はちょっと一方通行になりがちだから気を付けていかないとな~コミュニケーション能力というものが、根本的に低いため。
(なのにコミュニケーション高い前提のポジションのハンドアウトな気がするの、気にしちゃいけない……)
でも今めちゃめちゃ楽しいから嬉しい。これからどんな話になるのかな! 楽しみだな!!
Icon of aonami
みすきーで書いたメモ転記しとこう。まだ覚えてるけど未来の自分は忘れかねない……。

======

自作のゆるふわ現代ミステリ『時計うさぎの不在証明』の主役格の二人(そして前日譚で+一人)、「苗字漢字二文字+名前漢字一文字」に自動的になってるなぁ(意識はあんまりしてなかった)。
八束結、南雲彰、それから雁金至。

己のありさまにより人と人をむすびつける「結」と、全ての真相をあきらかにする「彰」のコンビです。
ミステリっぽいネーミングになっておりお気に入りです。
読み自体はかつてTRPGで同卓した同期のキャラのお名前を拝借してるんですが……。
頭の回転が速い一方で人間性にやや難ありの人間スパコン八束結と、その八束をフォローする人当たりのよい南雲彰のコンビなので、逆っぽいといえばそうなんですが、それも含めてちょっとした捻りがあります。
苗字はいつも適当(南雲なんて確かリアルの先輩の名前拝借した気がする)なんですけど、八束は「結」からの連想で「束ねる」だった気がします。たくさんの人と人を束ねるもの。

なお前日譚での南雲の相方・雁金は「至」なのでたどりつくもの、ですね。真相にたどりつくもの、もしくは。
苗字の雁金は元々TRPGのキャラとして作ったので「鳥の名前縛り」が入っててこうなってます。

======

いいよね、ゆいとあきら。本当は同卓したPCのお名前だったのだけど、こっそり拝借してます。
文字は違うし(元々は「唯」と「晶」)、そもそもどっちも女の子の名前なんですけどね!
今となっては、とけうさの二人はこの名前じゃないとしっくりこないな~となります。
八束と南雲の漢字の意味が逆っぽいのはやや意図的で、最終的には名前通りの役割を果たす予定です。
そして、最近作った方の雁金の名前もかなり好きなのだよなあ。
いたるもの、たどりつくもの、もしくは、「至らない」こと。

#時計うさぎの不在証明
Icon of aonami
KAC2023、第5回「筋肉」でげらげら笑っちゃった……。
X! 出番よ!!(いやいやと首を横に振るXの図を添えて)
いやこれ逆に困るな~、シンプルでXというキャラに食い込んでくるからこそ扱いが難しい題材だぞ……?
Icon of aonami
KAC2023、第4回「深夜の散歩で起きた出来事」もなんとかクリア!
無名夜行 終わらぬ夜の観測者
https://kakuyomu.jp/works/16817330653904...

直前に『吸血鬼すぐ死ぬ』の最新刊を読んだのがよくなかったね。ほんとにね。
御真祖様みたいなポジションなんじゃないかなこの吸血鬼。
魔女の話もそうだけど、超越者だからこその余裕、そして理解されなさ、みたいなのをずっと書いてる気がする。
Xもまあまあメンタル面で何かを超越しちゃったひとではあり、そういう「はみ出したもの」に寄り添うひとである。そんな感じがあるよね。
別にそういうの考えながら書いてるわけじゃないけど。(お前はいつもそうだ)
ともあれ今日のお昼にはお題更新よ!! 負けない!!

#無名夜行
Icon of aonami
みすきー、あざらしは一次創作鯖misskey.designがお気に入りかも。
一次、というゆるい共通点しかない(それ、全員やってることが違うから「共通点」とはいえないのでは? というとこも含めて)媒体不問鯖特有の適度なゆるふわさが好み。
今は流速もゆったりでふわっといろんな方の作品やノートを眺められるのが嬉しい~。
その辺りいちくらことichiji.social(こっちはマストドン)も同様なので、やっぱり自分は小説というくくりじゃない方が好みなのかもしれないなあ……。
たぶんあざらし、媒体は問わず一次創作というものが好きであり、そういう情報を求めている。
だから多少場違いでもCOMITIAに優先して出続けてるんだろうしね……。
自分のキャラやおはなしについて語ってても自然な場所、みたいなのはすごく快適。
その上でお酒とかおやつの話とかできるととてもとても嬉しい。ハッピーな気持ちになる。

小説鯖ノベルスキーにも存在はするんだけど、ローカルの話題に技術面とか知識面の話が多くて時々ウッとなる。
なんとなく「小説を頭で書ける人たち」へのコンプレックスがあるため……。
あざらしは小説書きとしては意識が極めて低いから、こう、意識するのが当然みたいなスタンスのひとたちを見ると胸がじくじくするぜ。
全然強要されるようなものではないといえ、何となく場の空気ってあるじゃん……!
たまには存在したいし、話してるとこ眺めてたいこともあるな~と思うけど、常駐するのはしんどいかも。
チャンネルにコツコツ進捗投げるくらいがいいかもな……運用としては……(でもdesignの方にも小説チャンネルあるからそっちに移行するかも……)

隠れ家は主に定期更新ゲームと日常という、Twitterでいうからたち垢と同じ扱いをしようかな~と思ってる。
フォローしてるひとたちもほとんどからたちと同じ感じなので、このままゆるふわとね~。
ゆったりまったりで居心地が良いよね……。なごむ……。

そんな感じでいい感じに運用していけたらいいな。
まだみすきーという場所に向かって人が動き始めたばかりだし、ちょうど過渡期であるからこそ人が集ってる、ともいえるわけで、自分含めて誰がどれだけ居つくのかとかも不明だけど、何かよい方向に進むとよいと思う。
ただ、ローカルタイムラインが楽しくてずっと居座ってしまうという不具合はある。

それはそうと、何だかんだ流速としてはいちくらくらいが好き、というのがあるため、一番よく存在しているのがいちくらという謎の挙動。
みすきーが流行ってるのに何故かマストドンに移住しているのほんと変だろ。
(でもマストドン、みすきーだと「削除して下書きに戻す」しかできない記事の編集ができるのがよくて……)

ichiji.social:https://ichiji.social/@aonami
misskey.design:https://misskey.design/@aonami
隠れ家:https://misskey.yukineko.me/@aonami
Icon of aonami
具合が悪いので明日の朝やろう~!
お題出てすぐ書ける人、どういう瞬発力してるんだ……ふしぎ……。
Icon of aonami
KAC2023第4回は「深夜の散歩で起きた出来事」。
夜の散歩のお話かー、無名夜行っぽくてよき!
なんか今日のうちに書けないか試してみたいところ……。
Icon of aonami
最近漫画含めた読書を完全にサボっていたのでちょっと再開。
『吸血鬼すぐ死ぬ』の最新24巻読んだ~。
ふぐりさんだったかな、最後の話で「うわああ」って言ってたけどこれは確かにうわああってなるな~!!
それを巻末に持ってくるのマジで鬼畜の所業。
いやそこ踏みこんじゃったかぁ……、みたいな……、その……。好きだけども! 好きだけどもね!!
この吸死ってやつ、延々とギャグやってるけどなんだかんだで水面下では話が動いてるのすごいよ~。
馬鹿なことしかしてないのに、背景設定かなりしっかりしてんだよな~。地盤がしっかりしてるからこその安心感であり、時折起こるあれこれの強度が……、高い……。
あざらしはこの巻の話だと乗っ取ったら乗っ取り返されちゃった吸血鬼の話が好きだったな……。オチのスピード感がよかった。
Icon of aonami
今日はちょっと特殊日程なので全然落ち着かないため朝活は香水報告で……。
日程感がヤバなのだけど大丈夫か?
今日の昼にはお題が出るから今日の夜はそれを進めてくとして。
明日明後日でどれだけ新刊作業進められるかな~うーん。
Icon of aonami
すださんに書いてもらってるので、あざらしも選んでもらった香水の初見感想しますね。その4。

▼雁金
Le Labo - Ambrette 9

https://www.celes-perfume.com/product/le...
自然界がつくりだす唯一の植物性ムスク、アンブレットグレインがメインのやわらかくデリケートな香り。洋梨と青りんごのようなフレッシュな果実のあと現れるのは、純度100%のイノセントな肌の香りそのもの。紛れもなく世界で最も貴重なベビーフォーミュラーと言われるこの香水は、母と赤ちゃんのためのミシェル・アルメラックによる特別な香り。アンブレット 9は穢れのない無垢な肌に触れる喜びを感じられるスキンフレグランスです。
【ユニセックス/フルーティ/オードパルファン】

最初に嗅いだ瞬間は何かすごい洋梨だ~! って思ったのに一瞬で消えた。何!?
すださんも言ってた通り、消毒液みたいな気配も強い。自分はかなり好きな導入。
そして本当に一瞬で消えるんだよね……、この経験は本当にやってみないとわからない。香水というものの常識を覆された。
後は本当に微かに香る程度で、香水実際つけても多分誰もわからないのではないか……?
その、微かに香る香りも不思議な感じ。全然嫌な匂いではないのだけど、何なのかがさっぱりわからない。(これがアンブレットグレインなのか……?)
それこそ「気配」だけがそこに残っているという風情で……、おお……。
雁金というひと、香水のイメージが全くないからこそ、どういうのが来るかなぁ~というわくわくでやってみたんだけど、これは、なるほどな???となる。
コンセプトも併せて読むと「ああ~~~~」となってしまうよ~。まっさらなもの。そのままのものの香り……。
雁金の説明からこれが来るのバグなんだよな(良性のバグ)。気配だけを残してゆく、ひと……。
ロワさんと並ぶときっとロワさんの存在感にすっかり紛れ込んでしまうのだろうな、みたいなとこも含んで最高によい。
瓶もさ~めちゃめちゃかわいいというかおしゃれよね……。おくすりというか、薬品の佇まい。
一般的かわいさ、よりもこう、データ重点的な雁金の思想が見えてくるようでああ~となる。

注文文章はやっぱりネタバレ方面なのでここには書きませんが。
この文章からこれが出てくるのすごいな……、というのは間違いないです。

#香水
Icon of aonami
すださんに書いてもらってるので、あざらしも選んでもらった香水の初見感想しますね。その3。

▼ロワさん
Byredo - Eleventh Hour

https://www.celes-perfume.com/product/by...
最期の瞬間を意味するイレヴンス アワーは、ブッダ誕生の聖地であるネパールを訪れた西洋人探検家マイヤールがその風景からインスピレーションを得た香りです。ネパールペッパーによる強烈なスパイスのオープニングに甘いラム酒を降らせ、罪深いイチジクの香りがクリーミーに広がります。ベースのトンカビーンとカシミアウッドは自然のエネルギーを体現させ、時間と空間、感覚を研ぎ澄ませてくれます。壮大な冒険と危険の本質がつまったフレグランスです。
【ユニセックス/ウッディ/オードパルファン】

こちらは、結構前(履歴見たら去年の6月だった)にCelesさんにセレクトお願いしたものを、改めて購入しなおしてお送りしました。
改めて説明文見たらこれウッディの属性なんだ……! あっそっかウッディ……!?
確かに使ってるもの見たら絶対にウッド系なんだけど、それ以外の要素もいっぱい詰まってるから全く認識していなかった。
でも他に何かって言われると困る……。そうだね……。
香りそのものは相当個性的というか、自分はまず、スパイスの香りを強く感じ取ったところがあります。あとラムもかなぁ。
一般的にイメージされる「香水」の香りからはちょっとずれている、という点も何となくロワさんっぽいな~という気持ち、あります。
絶対にいい香りするけど、単に甘く華やかな香り、というのとは絶対違うだろうなあ、と思っていたので。
すださんも書いてくれてたんですけど、いろんな側面のある香水で、吹きかけた瞬間から時間が経つにつれてダイナミックに香りが変化していくんですよね。
最初はすごく刺激的だな~と思うのですけど、やがて柔らかな甘さが奥の方から漂ってくる。
全体として冷たさよりは温かさを帯びた香り、ただ、決して甘いだけにはならない、みたいな……。
かなり複雑かつ不思議さを伴っている香りだと思ってます。
何となく思うのが、Scentlyさんで頼んだ方もそうなんですが、文面書いたのがあざらしである以上「雁金視点のロワさん」なんだろな~というところ。
雁金から見たロワさんとしては百点満点だと思うよ……!! すごいな……。
その上でこの……この、香水のコンセプト的な部分が……。えーん……。(めそめそする)
時間と空間、そして最期の瞬間。本当に、本当にさぁ~~~~。

これは注文文章紛失したな~と思ったけど注文履歴に残ってた。よかった。
色んなもののネタバレのためここには書かないですが、何となくご想像いただければと思います。

#香水
Icon of aonami
KAC2023、第3回「ぐちゃぐちゃ」もクリア~! ちょっと夜更かししてしまった。
無名夜行 観測史上最大の危機
https://kakuyomu.jp/works/16817330653904...

前回がホラーっぽくしちゃったので今回はホラーはやりたくなかった、のにホラーやりやすいお題だった悲しみ。
だけど気合でホラーじゃないやつです。
でも、Xはめちゃめちゃひやひやしたと思うよ。かわいそうに。
みんなもぐちゃぐちゃにしないように気を付けよう。自戒も込めて。
なお、今めっちゃぐちゃぐちゃしてます。こわい。

#無名夜行
Icon of aonami
今日は全然朝活ができずに死んでた。
暗夜の戦闘設定だけはやったから許されたい。
3回目は「ぐちゃぐちゃ」。
やはり月曜昼~水曜朝だと全然時間がない上に、とれる範囲が広すぎてぱっと思い浮かばないな~! 困る!
とりあえずがんばるけども!!
Icon of aonami
すださんに書いてもらってるので、あざらしも選んでもらった香水の初見感想しますね。その2。

▼朱鷺羽
Jo Malone - Pomegranate Noir

https://www.celes-perfume.com/product/jo...
大胆で官能的な赤いシルクのイブニングドレスに着想を得た香り。ザクロのジューシーな香りに、ピンクペッパーと華やかなカサブランカがアクセントに。ラズベリーとプラムの甘酸っぱい香りとスモーキーなガイアックウッドにパチュリ(パチョリ)が温かみを添え、魅惑的でミステリアスな印象を演出します。
【ユニセックス/フルーティー ウッディ/オーデコロン】

これは……、何の香りだろう? 自分の辞書にはありそうでない香り。これが石榴なのかなあ?
果実っぽさがメインで、特にベリーの感じを強く受けました、が、根本にあるものは多分ベリーではない気がする……。
説明通りに確かに華やかな香りだとは思うのだけども、甘ったるいという感じではなく、甘酸っぱく、やや青っぽい、植物としての果物の気配。
その中に、わずかに感じられる刺激というかどこか違和感を伴う香り、これがピンクペッパーだろうか?
別に嫌な意味での違和感ではなく、イメージを引き締めるというか、ただ甘いだけじゃない、みたいな感覚。
朱鷺羽の、凛とした感じというか、甘さはあるけどそれだけではない感じ、すごくわかるな……となります。
さっきも言った通り、香りについては全然わからないので、すごく印象の話になってしまうのだけども。
前回すださんからいただいたもの(ラルチザンパフュームのミュール エ ムスク エクストリーム)もベリーの気配を強めに感じ、今回もベリーを含んでたので、特にそういう印象になりがちなのかなぁ、朱鷺羽……??? 甘酸っぱさ……。
(なおあざらしはややベリーの香りが苦手なので、苦手な分強く感じてるとこはありそう)

以下は注文文章。自キャラだから気楽なものです(恥ずかしいけども!!)

【概要】
少しだけ不思議や怪異のある現代日本の片隅に暮らす二人組の片割れ。
表向きはごく普通の女子高生として暮らしながら、ブラックハッカーとして悪質な企業や組織に対して違法なハッキングを仕掛けて情報や資産を抜き取る、「電子の怪盗」シャノアとして知られている。
相棒の轟キリカとともに、時に怪異に巻き込まれたり、時に異界に足を踏み入れたり、時に二人でB級映画の鑑賞をしたり、時にはハッカーとして暗躍したり。面白おかしいいくつもの不思議と日常を経験しつつ関係性を深めていく。
キリカに対する恋愛感情はあるものの、あくまでカップルというよりはコンビ、もしくはバディの色が強い。

【年齢性別・外見設定】
年齢は18歳、女性。
背は160cmそこそこで細身。
肩の上で綺麗に切りそろえられた髪が特徴的。
目が悪いため、黒縁眼鏡を常に身に着けている。
服装は派手さのない、落ち着いた印象のブラウスやワンピースなどを好む。
色彩もモノトーンのものを好みがち。

【性格】
第一印象はクソがつくほどの真面目。正義感が強く優秀でクール、見るからに典型的な「委員長」タイプで近寄りがたい印象を与えがち。その一方でちょっと人と感覚がずれていて天然ボケのケもある。
内面は極めて情熱的。己の興味や信念、感情には忠実で、好奇心の塊。キリカと出会ってからは「面白さ」というものを日々の生活やハッカーとしての活動の中から見出すようになっている。
とはいえ、正義感と白と黒の人間であることには変わりなく、ハッカーをしているのも「己の正義に反したものが許せない」からである。
また、キリカに対しては、出会った当初は友情や連帯感のようなものを感じて過ごしていたが、やがて恋愛感情を抱くようになり、その感情を自覚してからは熱烈にアタックを仕掛けている。とはいえ、普段はあくまで相棒としてキリカのことを信頼しており、相棒関係を崩してでも己の感情を貫くかどうか、躊躇いも抱いている。極めて真面目なだけにその辺りの思い切りは少々足りない。

【設定】
生徒会長を務める見るからに優等生然とした女子高生。裏では悪質な企業や組織に対して違法なハッキングを仕掛けて情報や資産を抜き取るブラックハッカー「シャノア」として活躍している電子の怪盗。名前の通り、ネット上ではしゅっとした見かけの黒猫の紳士のアバターを使う。
勉学においては優秀で極めて卓越したハッキングの腕を持つが、その一方で運動能力など、身体を使うのは少々苦手。
ネット上では、背の高いしゅっとしたシルエットをした、黒猫の紳士のアバターを使う。猫のモチーフが好きであらゆる場所に多用する。
なお、父親はサイバー犯罪対策課の偉い人であり、実はお互いの正体を知らぬままひそかに対決していたりもする。

【イメージカラー】
黒、白、その間のグレー畳む


#香水
Icon of aonami
すださんに書いてもらってるので、あざらしも選んでもらった香水の初見感想しますね。

▼キリカさん
Atelier Cologne - Ambre Nue
https://www.celes-perfume.com/product/at...
琥珀色の香りの層を幾重にも重ねて。それはダークでいて、ミステリアス。官能的な余韻を肌に残します。名もなき山である不思議な花について語らう声が聴こえました。翌朝、山頂で私たちは出逢ったのです。ふと、香るその神秘に満ちた花の香りを。イタリアンマンダリンとラブダナム、アンバーアコードにシナモンのヒントがパンドラの箱を開けさせようとする甘い誘惑の囁きと化してあなたに届きます。
【ユニセックス/オリエンタル/オーデコロン】

初めて吹きかけた瞬間に「ああ~こういう! こういうの!! よくわかります!!」となります。
すっっっごく雑な感想を言うなら、こう、アジア~中東系異国の雑貨屋さんの匂い!!
ガチャガチャした、ちょっと混沌とした、色んな不思議なものの並ぶお店の感じが第一に浮かびました。
すごく、すごーくキリカさんだなぁ……となってしまう……。
キリカさんの、カオスの中に身を置く感じというか。キリカさんの庭であるnumaという場の感じというか。そこは仮想空間であるはずだけど、でも、きっと現実にイメージするならこういう香りではないかな、という気持ち。
甘みの強い、けれど煙たさや苦みを帯びたお香のような。そういう、確かにオリエンタル系の印象のある香りです。
何だかんだ全然使われてる香料の話とかわかんないので、本当に印象の話になっちゃうのだけどもぉ~!
それはそれとして、あざらしはめちゃめちゃ好きなやつで~!
自分でも欲しいなとなる……好きだな……。
すださんの方でチョイスしてもらったキリカさん香水(ミルラ&トンカ)も甘い系の香りでめちゃ好きだったので、多分あざらしは、やや重めの甘さが好みなのかもしれない。キリカさんの匂いに惹かれている……。

ちなみに文面はこんな感じでした。せっかくだからすださん向けに公開。
色々と認識誤りがありそうだけど、あざらしの印象ということでご容赦ください。

【概要】
少しだけ不思議や怪異のある現代日本の片隅に暮らす二人組の片割れ。
表向きはパソコン関連の何でも屋的な技術屋だが、「電子の怪盗」シャノア/天代朱鷺羽のパートナーとして、悪質な企業や組織に嫌がらせを仕掛けるブラックハッカー。
相棒の天代朱鷺羽とともに、時に怪異に巻き込まれたり、時に異界に足を踏み入れたり、時に二人でB級映画の鑑賞をしたり、時にはハッカーとして暗躍したり。面白おかしいいくつもの不思議と日常を経験しつつ関係性を深めていく。
朱鷺羽に対しては複雑な感情を抱いているが、コンビ、もしくはバディとして接している。

【年齢性別・外見設定】
年齢は推定30前後、男性。
背は190cmオーバーで手足や肩幅は大きいが全体的にはひょろっとしている。
無造作に伸ばした、多少ぼさついた赤く染めた髪。
派手なフレームの色眼鏡をかけている。
目つきはタレ目で睫毛が長い。
服装はやたら派手で原色を多用している。
改造白衣や派手な柄シャツ、ネクタイなどが特徴的。

【性格】
派手な服装や奇抜な髪色、そして調子のいい、人をおちょくるような態度が特徴的。何事も面白くなければ意味がない、という主張で朱鷺羽のハッカー活動を後押しし、盛り立てている。
内面的には極めて真面目かつネガティブな思考回路をしている。調子よくふるまうのも、全ては真面目さと悪い想像、それから歪んだヘキの裏返し。内面に秘めた感情の泥濘。
朱鷺羽に対しては、その能力と性格に信頼を置きながらも、どこかからかうような態度を取る。内心では朱鷺羽に対して狂信めいた感情を抱いており「自分ごときが触れるべきではない」「もしくは汚して自分と同じところまで落とさなければ触れることも許されない」という感情を抱えている。そのため、朱鷺羽の熱烈なアタックにはどう答えていいか困惑している模様。

【設定】
絵に描いたようなギークであり、パソコン関連の何でも屋を営む技術屋である一方で、どこか古臭さすらあるバーチャルコミュニティ「numa」の管理人を務めている。朱鷺羽とは元々はバーチャルコミュニティで出会ったのだが、色々あった結果として朱鷺羽にリアルで押し掛けられ、それからなし崩し的にハッカーとして組んで活動している。
かつては医者を志していたが色々あって挫折しドロップアウトしたという経歴を持つ。
「轟キリカ」はハンドルネームであるが、相棒の朱鷺羽は本当の名前を知らない。
ネット上ではピンクのウサギの耳を持つ、デフォルメされた女子学生のアバターを使っている。ウサギのモチーフを多用する。

【イメージカラー】
ショッキングピンク、ビビッドな赤、青、緑(光の三原色)畳む


#香水
Icon of aonami
ぜんぜんぐにゃぐにゃで何もできてないよ~泣いてしまう……。
暗夜の日記は書いた。頑張りました。
気を取り直して明日の朝からもうちょい頑張ります。
Icon of aonami
今日は~新刊作業!
とりあえず少なくともマーソリと無名夜行パートの推敲はしたい。
この二つは着手した時期的にまあまあまだマシ、みたいなところあるし……。
問題はお前だよ世界の終わり……!!!!
あと暗夜の日記も(KAC2023との兼ね合いを考えると)今日書くべき。
ともあれ今日は体調が悪めなのでゆったりいきます。

82/93
3/48
Icon of aonami
KAC2023、第2回もクリア。やっぱり5000文字くらいになってる~~~~。
無名夜行 夢に見るような
https://kakuyomu.jp/works/16817330653863...

XにXらしいムーブをさせられたのでよかったです。
Xらしいムーブ=暴力だと思ってない?(そうかも……)
あのひとべつに暴力が好きなわけじゃないんですよ、ただ人よりその行動に移るハードルが低いだけで。
所要時間は考え考え三時間くらい。悪化しとるがな。

あと暗夜の日記書いて300SSも書いたからひとまず今日のメイン作業はここまで。
書き下ろし着手はしんどそうなので明日かな~……。

#無名夜行
Icon of aonami
あっっっっ暗夜の日記!! そっか土曜更新だっけ……!!
やべーかつかつすぎる……。卓の翌日全然頭働かないしな……。
Icon of aonami
立ち絵描けた~~~~顔差分もまあまあこの感じでいいかな!!
あとは出力だけだけどそれは卓直前でよきかな。
今日はきちんとおつとめせねばならぬ日なので、あとのことは全部明日になったらやるのだわ。
昼にKACの次のお題が出るはずなのでそれだけはきっちり確認しておくこと。

追記:KACは「ぬいぐるみ」! えー、Xとぬいぐるみ……???
追記2:300字忘れてたよね。「おくる」だったかな。
追記3:この際明日には書き下ろし書きたい……無理ない範囲で……

82/93
1/48
Icon of aonami
VOIDの立ち絵、まだコートを着せてない。顔差分もまだ。
できればスーツの上着差分も欲しい気はしてるけどどうかな……。

80/93
1/47
Icon of aonami
KAC2023、第1回はクリアしたんだけど5000文字くらい書いており効率が悪すぎる……w
無名夜行 本屋と誰かの回顧録
https://kakuyomu.jp/works/16817330653862...

でも書きたいこと書いたらこうなっちゃうのもそうで~うーむ。
所要時間は2時間半くらい。
できれば2時間で抑えたいな~他のこともしたいのはそうなので!

#無名夜行
Icon of aonami
うう~あざらしウィークポイント(これは悪い意味ではない方、琴線に触れる的な意味)を突かれる漫画を読んでぼろぼろ泣いてしまった。
無名夜行におけるXの思想はややあざらし自身の思想から来ており、特に死に関する考え方がそんな感じ。
死の向こうには何もない、という……。
昔から自分はなんとなく死後というものの話が苦手。まるで信じられないから。
でも死者にまつわるあれこれの手続き(儀式)が無意味というわけでもないのはXも私も承知していて、つまりあれはすべて生きてる人のためのもの、みたいなところ、あり。
それか、もしくは。これからも生きてゆくひとに何かを遺したい、焼き付けたいと強く思う「生きていた頃の」そのひとの願いのため、みたいなとこで~。
そういう、「死者を思いこれからも生きて行く人」の所作が丁寧だったり、死に行く人の強い思いが反映されたりするとそれだけでぼろぼろしてしまうよ~えーん
このあたり弱すぎて何見ても泣く、みたいなとこあり、ちょっと恥ずかしいのである。いつも。
Icon of aonami
すださんに描いてもらった絵を使って『はらわたの散歩者たち』の宣材を作りました。
やっぱりすださんの『ヤドリギ』とはらわたの風景めちゃ好きだな……を噛みしめてしまう。
この色使い最高に最高なんですよね。いつ見ても嬉しい……。

20230301210953-aonami.png畳む
Icon of aonami
明日の朝にやることメモ

お題
1回目「本屋」
応募期間:3月1日 12:00~3月3日 11:59 レギュラー賞集計期間:3月1日 12:00~3月7日 23:59
タグ:KAC20231
作品タグに「KAC20231」~「KAC20237」をつけて作品本文の文字数777字以上で投稿してください。
Icon of aonami
あっ 眠すぎる ダメだ体力の限界
ひとつ修正したので仕事の時間まで休憩

78/93
0/47

2023年2月 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

Icon of aonami
遅々とした進みなのだわ! でも仕方ないといえばそう。
できれば作業時間2時間は欲しいが残業シーズンにこれ以上睡眠を削ると死ぬので、まあ、無理ない範囲で頑張ろう……。
140字、少しストック作っておきたいな~。何とか通勤時間などを上手く使いたいところ。
木曜日と金曜朝は立ち絵を描きます。VOIDの。

77/93
Icon of aonami
まだ誕生日じゃないんですけど、すださんの誕生日が近いのでプレゼントをお贈りしました。なお前年は >>366
以下伏せてるのはすださんのツイートです(ツイート、載せると縦に長くなっちゃうので……)
自分では写真を撮り忘れました。あざらしはいつもそうだ。
畳む

これはすださんのプレゼント開封の儀まとめ。
誕生日プレゼント爆撃2023
https://togetter.com/li/2089766


今年はクッションと、
畳む

香水と、
畳む

香水と、
畳む

おまけの漫画本です。
畳む

ちなみに本のスペックはこんな感じ。
表紙:ファンタス スカイ200kg(ネイビー)
PP加工:マットPP
本文用紙:白上質紙90kg
遊び紙前:ホログラム モザイク
口絵:コート110kg
加工:エンボスニス(表紙1の文字)

プリントオンさんのわくわくドキドキDXセットというお楽しみセットを使ったので、来るまであざらしも装丁の内容わかってなかったんですよね。
かわいくできてよかったな~。
ハッピーバースデイ……(まだです)。
Icon of aonami
今日から新刊『箱詰虚構夢想』向け作業。
今週の土日である程度終わりが見えるといいな~~~~。

76/93
Icon of aonami
本日は、昨日の夜中に突然その存在と今日までの開催であることを知った、第9回浅草橋ミネラルマルシェに行ってきたのだった。
ミネラルマルシェ
https://www.mineralshow.net/

浅草橋が比較的あざらし的には赴きやすい場所なのがとてもよかった。
思い立ったが吉日ともいうからね!

そもそも、5月の浅草石フリマには行こうと思っていたのだけども。
こっちは個人出展が中心のやつ。
石フリマ
http://takama.ne.jp/isi_fleamarket/

実は最近のあざらしはとにかくきれいな石が欲しくて仕方なかったのである。
これは、この前のコミティアで数年ぶりにヤスユキさん(活動ジャンルは異なるのだけど、終末シリーズぐらいの時からずっと青波のご本を買ってくださってる素敵な方……)とお会いして、ヤスユキさんの立体造形物サークル「亥角工房」の試作台座をいただいたのがきっかけ。
最近かっこいい台座色々作られてるな~と思っていたので、まさか本物をいただけるとは思わずフオオとなるなどした。
せっかくの台座! 使いたい!! できればきれいなもの載せたい!!
基本的にルースを撮影するためのものであるはずなので、やはりルース、欲しい!!

というわけで、石フリマに行こうという計画は立てていたのだけど。
そこに不意に飛び込んで来たミネラルマルシェの情報。それがしかも今日までということ。

行くしかない。

という経緯がある。

そんなわけで戦利品だ~~~~!!!!

202302261351332-aonami.jpg
早速ヤスユキさん作の台座を使ってみている。やはりかっこいい台座があると見栄えが違う。よくわかんだね。
琥珀はずっとほしいと思っていた!! 特に、研磨されてない素のままのやつ!!
Xの「左目の色」と言えばいいのだろうか。文芸部原稿でXが取られてキレた方の目。
実際のところ琥珀はものによって全然形も色も混ざりものも異なるので、山になってる中からチョイスしてきたのだけれども、これが特に色合いと形のいびつさと混ざりもののバランスがお気に入りだった。
Xの片目はこういう色をしているのだなぁ~へへへ……。

202302261351331-aonami.jpg
こちらは一目ぼれしたエメラルド。
エメラルドにしては色が淡く、しかも結構細かく混ざりものが入ってるので、多分宝石としての価値はやや低いのだと思う。
(実際他に並べられているエメラルドに比べると圧倒的に安かった)
でも、このほぼ透明から淡いグリーンへのグラデーションの色合いと混ざりもののバランス、あとかわいらしいカボションカット!
めちゃめちゃかわいいな~と思ってお迎えしたのだった。かわいい。この淡い色こそがかわいいとあざらしは思うよ。

20230226135133-aonami.jpg
それから、ルース福袋的なものがあったので手を出してみて、中に入ってたやつのなかで特に気に入ったのがこちらのブラックルチルクォーツ。
か かっこいい~!! この……なんか……厨二心をくすぐられる感じの黒い針の重なり!!
ルチル、黒いの今まであんまり見たことなかったからそれも新鮮だった。よかったなぁ~。サイズ感もほどよい。
あと買いたいな~と思って結局買えてないオパールも入ってて嬉しかったな。
畳む


他にもいくつか購入して満足に満ちている……。おお……石……楽しい……。
どう使うのかはこれから考えるとして、しばらくは見て楽しむことにします。嬉しい~!!

#石
Icon of aonami
へへへおでかけおでかけ~!!
うきうきに満ちてしまっているな……。
なんか久しぶりにイベント以外で自発的にどこかに行きたい! ってなった気がする。
いやこれもイベントごとではあるが。
Icon of aonami
最近、作業中にタールとニコチンゼロであるらしい、電子タバコなるものを吸っている。VAPEというやつ。
なおあざらしは元々喫煙者ではないのだが、禁煙を始めた父が使い捨て五本セットみたいなのを買ってきて、その一本を譲ってもらった形。
メンソール系のやつなのですっとして気持ちがいいのと、口さみしい時にお菓子など固形物を食べなくていいのがよい。
いつかシーシャも吸ってみたいのだよな~。いろんな香りづけができるお店とかもあるから、絶対楽しい。
基本的に嗜好品的なものへの憧れが強いところはある。
心の潤い、大事だからね!
Icon of aonami
ああ~夜中に突然行きたい場所ができてしまったら行くしかないよなぁ!!
起きたら行くです。どきどき。
ちょっとイベントごとへの感度を上げてゆきたいな……。
それはそれとしてやらねばならぬことはたくさんあるので無理はしないが。
なんなんだよ4月後半のイベントに出すの本の〆切3月12日って(ほんとだよ)
Icon of aonami
そろそろ、真面目に4月~5月に何を出すか考えなければならぬ。
霧世界報告シリーズを机上から降ろす都合上、無配本も作り直したいしな!
今日はその辺りの作業をやって終わりかな……!!
意外とばたばたしてしまったな~。やりたいことの半分もできてない気がする。
というか梱包とか諸々に午後いっぱいかかってるんだなこれ……。
このあたり、結構パワーがいる作業なので、日々地道にやる必要があるなと実感したのだった。
Icon of aonami
架空ストアさんに追納した~!
売れるかどうかは置いといて、おぺぶいさんの誘導先は架空ストアさんにするつもりなので、在庫が足らないのは困る。
しかし10冊納品した三十一路があと3冊くらいになってたので、ちょこちょこお手に取っていただけてるのだな~と嬉しくなる。
こういうゆるい頒布状況なので、架空ストアさんのゆったりお任せできるところが本当にありがたい!
(きちんと連絡とってれば一年以上はお任せしていられるので……)
そうそう、作ってからまだ一年経ってないんだけど、三十一路、手元の在庫がそろそろ10冊を切ることに気づく。
とりあえず五月にちょっとだけ再版しよう、無名夜行シリーズはまだ続くので。
楽しんでもらえていると嬉しいな……。
Icon of aonami
ComicVketも出てみたいな~!
実はドット絵が描けないあざらしにとってはぴくすくのドット空間よりVRイベントの方が垣根が低いでは??? みたいな気がしてくる。
(参加条件読む限り、ComicVketも基本的には規定に合わせた画像さえ用意できてればよさそうだし……)
次があるようだったら狙ってみよう。
いや小説に需要がないのはわかってるけど「お店出したい欲」ってのがあるからね。あります。
Icon of aonami
「第八回そこの路地入ったとこ文庫」に参加申し込みしてきた~。
そこの路地入ったとこ文庫
https://www.sokorojikyoto.com/

4月22日合わせの新刊と無名夜行のどっちかかな……?
(いつもどっち送るか迷うのだよね、無名夜行。初見の人向けなのは三十夜話なんだけど)
送付・返送のやり取りがシンプルそうなのが好感持てたので(あざらしはその辺の手続き超苦手なので)、色んな人の目に留まるとよいな~という思いを込めて。
今年はとにかく存在を知ってもらいたい、の年だと思っている。

ぼちぼち架空ストアさんでも無名夜行手に取っていただけていてありがたいな~。
まだもうちょい続けていきたいので、ゆったりまったり頑張ります。

#イベント
Icon of aonami
カクヨムはプルダウンだと三週間先くらいまでしか予約できないけど、手入力で更に未来の予約ができる。忘れない。
(今登録してきた)
カクヨム向けにも何か書きたいな~という気持ちはあるけど、まず新刊と文芸部原稿なのよね。

創元SFの一次通過したひとたちが周りにいるのとてもとてもすごいな~。
あざらしは実は投稿というものをほぼしたことがなく、いつかやってみたいと思いながら、ああいう機会を目掛けてまとまった話を書けずにいる……。
ひとつだけ長編を投げたことあるけど箸にも棒にも掛からなかったしな。やや向いていない気はしてる。
とはいえウェブ上でも色々できるようになり、投稿のハードル自体が下がってるのも確かなので、やるだけやれたらいいな~という気持ちはあるのだ。
別に商業作家になりたいというわけではなく(これはマジでそうで、仕事として金をもらって書くということ、したくない……)単にそういうお祭りに参加したい、みたいな気持ちがずっとある。
ついでに、できればどう見えるのか教えてほしい、という気持ちも上積みされて、投稿へのあこがれとなっているのであるなあ。

■他愛ないメモ

シアワセモノマニアのあざらしこと青波零也の創作メモだったり、日々のどうでもいいつぶやきだったり、投稿サイトに載せるまでもない番外編だったり、見聞きしたものの感想メモだったり。

編集

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

■カテゴリ:

■日付検索:

■カレンダー:

2023年3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

■最近の投稿:

最終更新日時:
2024年06月18日(火) 17時52分53秒