幸福偏執雑記帳

あざらしこと青波零也のメモ的なものです。

香水13件]

Icon of aonami
今日は久しぶりにアンブレット9 >>1248 の香りを確かめたんだけど、相変わらず不思議な香水だ……。
一瞬だけ強めに香ってあとはほんとにわずかに香るだけなのがすごい。
これ、ふつうにいい香り(というかあざらしの好きなタイプの香り)だし、本家のお試し版のデザイン、とびきりかわいい(お薬のアンプルみたいなデザインでめちゃくちゃ無機質なスマートさがよい……)から欲しいな~!

どうもあざらし、動物性の香りはかなり苦手らしく、ムスクとかレザーとかの香りが入ってるとかなりしんどくなる。特にムスク、最後に残る香りであることが多く、最初はいい香りだと思っても残った香りがきつくなってしまうことが多いみたい。
でもアンブレット9のアンブレットグレインはムスクといいつつ植物性なのと、あとそもそもこの香水におけるアンブレットの感じがごく淡いのでだいじょぶ。
やっと少しずつ分析ができるようになってきた……気がする……?

#香水
Icon of aonami
モッキンバードの……香水が……届いた……。
相変わらず袋を開けるまでにかなりの時間を要した。緊張しすぎなんだよ。

今回は「モッキンバードが実際に使っていそうな香水」がテーマなので、既製品からのセレクトを取り扱ってるCelesさんにお願いしたのだった。
かくして届いたのが……こちら!
Louis Vuitton - Pacific Chill
https://www.celes-perfume.com/product/lo...
カルフォルニアの健康的なライフスタイルにインスパイアされたデトックス・ウェルビーイング効果を試みたパフューム ドゥ コロンが誕生。調香師のジャック・キャヴァリエが魅惑的なカリフォルニアの風景を穏やかな色彩で描くアーティストのアレックス・イスラエルともにデトックス スムージを飲みながら談笑したある朝をきっかけに生まれたパシフィックチル。ビタミンたっぷりのフルーティーなブレンドに心奪われ、この幸福感に満ちた感情を香りのカクテルに置き換えました。キーとなる香りはブラックカラント。エネルギーに満ちたフルーティさはラズベリーのようですが、より軽やか。葉の部分を濃縮することで、シトロンやレモンのノートと共に浮遊させ、アプリコットやデーツ、イチジクのクリーミーなアクセントが加わり深みと多面的な輝きを放つキャロットシードにより五感を高揚させる柔らかな甘さ、澄んだ空の下で街がゆっくりと覚醒する中、生命の目覚めと呼応していく感覚を体現させてくれる活力に溢れた香りを完成させます。【ユニセックス/シトラス/オードパルファン】

まず、キャラ設定の他に「こういう香水を選んでいてほしい」という要望を書いたんだよね。
モッキンバードの要望は「好みは甘めの香り、ユニセックス」「個性的な印象、一度触れたらその人の香りとはっきりわかるようなもの」「ちょっと異国の雰囲気」。
甘い香りだけどやや爽やか。なんだこれ……?
あ、でもなんかあったまっていくと甘さの方が強くなるかな? ややクリームの感じというか……?
と思ってあらためて記述を確認しにいったところ、どうやらシトラス系であった模様。あざらしは相変わらず香りのことが全然わからない。
嗅いだことがある、と思ってもそれがどの種類の香りなのかを区別できないのだなぁ……!
やがて少しずつその甘さも引いていって、やや乾いた印象になる気がしたけど、これが何の香りなのか本当にわからない……!
いやでもモキバからこの匂いがしたらえっちだな。間違いない。

さて、引き続き……。
Byredo - Pulp
https://www.celes-perfume.com/product/by...
果肉を意味するパルプ。インド人の母とカナダ人の父のもとスウェーデンで生まれ、様々な国で育ったバイレードの創業者ベン・ゴーラムを象徴するかのようなエキゾチックなフルーツバスケットの香り。フレッシュで青々しいフィグにブラックカラント、アップルなどバスケットいっぱいに溢れるみずみずしいフルーツたち。ラストにはプラリネとピーチブロッサムが甘く異国的な雰囲気を添えてくれます。【ユニセックス/フルーティー/オードパルファン】

モッキンバード、二つ頼んだの? はい。
ロワさんのイレヴンス・アワーもバイレードだったよな~、ガチャとかでもいくつか届いたことあるけど、やや癖のある感じの奴が多い気がするな、どうだろ?
と思って吹きかけた瞬間は、パシフィック・チルとそこまで大きく変わらないでは……? と思っていた、のだったが。
時間が経過するにつれてがらっと印象が変わって「!?」となったのだった。
えっ果物だ!? それもなんかこう、シトラス系のそれではなく……パイナップルとか、酸味と甘みの共存するタイプの果物……!
それでいて果物独特の苦みも感じられて、あざらしはこっちの方が好きだな!? となるなどした。
モキバから果肉の香りがするの、すげーえっちじゃん……えっちだよ……。

えっちかどうかでしか物事が判断できない。あざらしです。

どっちもブラックカラントが使われており、全体としても感じ方は違えどフルーツの感じが強いところをみるに、甘さ、を果物の甘さと解釈してもらったのだなあ、と理解。いやでも確かに果物の爽やかさと甘さ、やや混ざる苦さの感じはすごくモキバ。納得。
よりモキバっぽいのはやっぱパルプかな~。パイナップル入ってないっぽいのにめちゃめちゃパイナップルなんだが……?
だって、異国の果物の甘い香りさせながらあの調子でやってる男、めちゃめちゃよすぎるよ~。好き……。

ちなみに実は「不知火諒」(表の顔)の方でも注文文章を変更して頼んでいたのだった。こちら。
Dior - Higher Energy
https://www.celes-perfume.com/product/di...
活力を引き出す、弾けるようなグレープフルーツのトップ。インド原産の最高品質のペッパーの躍動感。大地のエネルギーを感じるベチバーによる、フレッシュでいてウッディなスパイシーノートのハーモニー。常に新しい視点とエネルギッシュに上昇、加速する都会的な男性のためのフレグランス。【メンズ/シトラス/オードトワレ】

あ~~~~男物の香水の香り~~~~!!
モキバとはまた別に「爽やかながら大人の雰囲気がある男性的な香り」「特別個性的なものではなく、その場に溶け込む雰囲気の香り」「人と接触することが多い人物のため、他者に不快感を与えない香り」という要望を書いたんだけれども。
結果として、あざらしのイメージする「男物の香水」そのものの香り、と言って何一つ差支えがないものが届いて、最高になっちゃった……。
それでいて動物性の香り(ムスクとか、レザーとか)が含まれていないので、ごくすっきりした印象で最高に不知火諒だよ~。
香水の名前からして完璧に不知火諒って感じだもんな。エネルギーに満ちた男だよ……。

元々モッキンバードと不知火諒は香水を使い分ける、という設定があるので、その辺りがリアルで感じられたのほんとに嬉しすぎる~!
贅沢な遊びをしている。あざらしは強く強くそう思ったのだった。

#香水
Icon of aonami
キャラクターのイメージで作る+選んでくれる香水、あざらしが知ってるのは以下の四つ+一つのお店です。

◆Scentlyさん
https://scently.jp/
調香型。
入力した情報を元に、いくつかの香りを混ぜたオリジナルの香水を作ってくれます。しかもその香りを選んだ理由が記載されたカードつき! これはおいしい! うれしい! ちょっとこそばゆい!!
キャラクター向けに特化しており、入力フォームがかなり親切です。項目ごとに分かれており、入力してほしい内容も明確なので。根本的に、ターゲットが香水をよく知らないけどキャラの香りが欲しい人、なんだろな……。多分初めての方でも一番とっつきやすいのではないかな~と思います。
ちなみにコンビ・カップルのイメージでも頼めます。実際頼んだので。ただ、解説の文面は決まった文字数なので、「キャラを深く掘りたいか」「関係性の妙を見たいか」、その辺りは目的にもよるな、という気がします。キャラの解釈でどこを拾ったのか詳しく見たいならひとりの方がいい。あざらしはそう思いました。
いくつか頼んだことあるのですが、香りそのものは、比較的万人向けの香りになる印象。香りそのものは多種多様ですが、それなりにどこに行っても大丈夫、みたいな感じの香りが多い印象です(これは「普段使い」・「キャラのイメージ優先」どちらを選択しても同様なので、Scentlyさんの特徴なのかも)。

◆Celesさん
https://www.celes-perfume.com/
既製品セレクト型。「Celes推し活」というコースがそれ。
キャラの情報を入力するとそのキャラクターに合わせた香水を数多のブランド香水から選んでもらえるシステム。少ない分量からお願いできるのでお試しにちょうどいいです。情報入力フォームは完全フリースタイルなので、そこはやや勇気と文面の捏ねが要るかも。こちらもやろうと思えばコンビ・カップルもできます。フリースタイルなので。
こちらはセレクト理由の文面はつかないんですが、そもそもが既製品なのでその香水には元々意味が載せられており、香水の説明を読むと「どうして」の一端は読み取れて、その読み取りが楽しいです。
意外かもしれないけどあざらし的にはこっちの方がおすすめだったりします(個人の感想です)。「そのキャラをイメージした唯一オリジナルの香水」という目的からは外れるんですが、既製品とはいえ、ブランド香水、そもそも既製品にこんな香りあるんか!? 世の中にあっていいのかこんなの!? というのばっかりで……。しかもそれがキャラのイメージにぴったりなこと、たくさんあって……。やめられない……。これ、調香型だと多分もっと無難なのになってただろな……と思うため……。ヤバい香り+一致性の妙、ぞくぞくします。

◆FINCAさん
https://kaoribarfinca.jp/
既製品セレクト+微妙に調香型。
微妙な表記をしてしまったけど、ここはFINCAさんオリジナルの香水数十種類の中から「重ね付け」するための数本(2~4本)を選んでもらう、というシステム。結果的に香りの重ね方を選んでもらうので調香に近いです。
自分は最近こちらのお店を知ったのですが、結構周りの創作人(そうさくんちゅ)はキャラ香水として利用してるみたいですね~。重ね付けするための香水を買うシステムなので、日によってつけるバランス=香りのバランスを変えられるのもよい、というのがあるみたいです。
通販サイトを見る限り、一人のキャラだと2~3本、二人以上だと3~4本を用意してそのグラデーションを楽しむという楽しみ方がお勧めされてるみたいです。
あざらしも未経験ですが今度実店舗行ってみる予定があるので楽しみです。実店舗でカウンセリング受けながらやるの初めてでちょっと恥ずかしいんですけど、めちゃ楽しみ!

◆Danceさん
https://www.dance-kobe.co.jp/smp/index.h...
とてもよいらしい! が、試したことはない……。調香型のはず。
確か何かしらカードが付くけど、ノートの解説であり、キャラ解釈そのものが記載されたものではなかった、気がします。ちょっとこの辺り使ったことないので知識がわやわやですみません。
最初に作ろうかな~と思って見た時、質問が「好きな音楽」「好きなファッション(コーディネート、ブランド等)」とかだったので「いやわからんが!?」ってなったのもあります。現代もの、かつそのキャラが香水を使うようなお洒落さんなら特によいのではないかな~という気がします。この辺りを克服できるなら、香水瓶の中に天然石が入ってたりしてすごくかわいいので自分も欲しい~となります。

◆番外:SHOLAYEREDさん
https://sholayered.jp/
やや選択肢の狭い調香型。
キャラクターのイメージから香水を選んでもらう、というものではなく、「店頭に並んでる香水の中から自分で混ぜるものを選ぶ」というシステムなので、番外編として。
せっかく近くに作れるところがあったので行ってきました。実際に自分で作るのも楽しかったです。瓶の形やラベルまで選べるのでとてもかわいい「形」が作れるところがお気に入り。
前にキャラカクテル作ってもらった時にオレンジのイメージで作ってもらったキャラがいたので、オレンジの香りとお酒の香りを混ぜた香水を作ってめちゃめちゃ満足しました。嬉しいね~!

#香水
Icon of aonami
すださんに書いてもらってるので、あざらしも選んでもらった香水の初見感想しますね。その4。

▼雁金
Le Labo - Ambrette 9

https://www.celes-perfume.com/product/le...
自然界がつくりだす唯一の植物性ムスク、アンブレットグレインがメインのやわらかくデリケートな香り。洋梨と青りんごのようなフレッシュな果実のあと現れるのは、純度100%のイノセントな肌の香りそのもの。紛れもなく世界で最も貴重なベビーフォーミュラーと言われるこの香水は、母と赤ちゃんのためのミシェル・アルメラックによる特別な香り。アンブレット 9は穢れのない無垢な肌に触れる喜びを感じられるスキンフレグランスです。
【ユニセックス/フルーティ/オードパルファン】

最初に嗅いだ瞬間は何かすごい洋梨だ~! って思ったのに一瞬で消えた。何!?
すださんも言ってた通り、消毒液みたいな気配も強い。自分はかなり好きな導入。
そして本当に一瞬で消えるんだよね……、この経験は本当にやってみないとわからない。香水というものの常識を覆された。
後は本当に微かに香る程度で、香水実際つけても多分誰もわからないのではないか……?
その、微かに香る香りも不思議な感じ。全然嫌な匂いではないのだけど、何なのかがさっぱりわからない。(これがアンブレットグレインなのか……?)
それこそ「気配」だけがそこに残っているという風情で……、おお……。
雁金というひと、香水のイメージが全くないからこそ、どういうのが来るかなぁ~というわくわくでやってみたんだけど、これは、なるほどな???となる。
コンセプトも併せて読むと「ああ~~~~」となってしまうよ~。まっさらなもの。そのままのものの香り……。
雁金の説明からこれが来るのバグなんだよな(良性のバグ)。気配だけを残してゆく、ひと……。
ロワさんと並ぶときっとロワさんの存在感にすっかり紛れ込んでしまうのだろうな、みたいなとこも含んで最高によい。
瓶もさ~めちゃめちゃかわいいというかおしゃれよね……。おくすりというか、薬品の佇まい。
一般的かわいさ、よりもこう、データ重点的な雁金の思想が見えてくるようでああ~となる。

注文文章はやっぱりネタバレ方面なのでここには書きませんが。
この文章からこれが出てくるのすごいな……、というのは間違いないです。

#香水
Icon of aonami
すださんに書いてもらってるので、あざらしも選んでもらった香水の初見感想しますね。その3。

▼ロワさん
Byredo - Eleventh Hour

https://www.celes-perfume.com/product/by...
最期の瞬間を意味するイレヴンス アワーは、ブッダ誕生の聖地であるネパールを訪れた西洋人探検家マイヤールがその風景からインスピレーションを得た香りです。ネパールペッパーによる強烈なスパイスのオープニングに甘いラム酒を降らせ、罪深いイチジクの香りがクリーミーに広がります。ベースのトンカビーンとカシミアウッドは自然のエネルギーを体現させ、時間と空間、感覚を研ぎ澄ませてくれます。壮大な冒険と危険の本質がつまったフレグランスです。
【ユニセックス/ウッディ/オードパルファン】

こちらは、結構前(履歴見たら去年の6月だった)にCelesさんにセレクトお願いしたものを、改めて購入しなおしてお送りしました。
改めて説明文見たらこれウッディの属性なんだ……! あっそっかウッディ……!?
確かに使ってるもの見たら絶対にウッド系なんだけど、それ以外の要素もいっぱい詰まってるから全く認識していなかった。
でも他に何かって言われると困る……。そうだね……。
香りそのものは相当個性的というか、自分はまず、スパイスの香りを強く感じ取ったところがあります。あとラムもかなぁ。
一般的にイメージされる「香水」の香りからはちょっとずれている、という点も何となくロワさんっぽいな~という気持ち、あります。
絶対にいい香りするけど、単に甘く華やかな香り、というのとは絶対違うだろうなあ、と思っていたので。
すださんも書いてくれてたんですけど、いろんな側面のある香水で、吹きかけた瞬間から時間が経つにつれてダイナミックに香りが変化していくんですよね。
最初はすごく刺激的だな~と思うのですけど、やがて柔らかな甘さが奥の方から漂ってくる。
全体として冷たさよりは温かさを帯びた香り、ただ、決して甘いだけにはならない、みたいな……。
かなり複雑かつ不思議さを伴っている香りだと思ってます。
何となく思うのが、Scentlyさんで頼んだ方もそうなんですが、文面書いたのがあざらしである以上「雁金視点のロワさん」なんだろな~というところ。
雁金から見たロワさんとしては百点満点だと思うよ……!! すごいな……。
その上でこの……この、香水のコンセプト的な部分が……。えーん……。(めそめそする)
時間と空間、そして最期の瞬間。本当に、本当にさぁ~~~~。

これは注文文章紛失したな~と思ったけど注文履歴に残ってた。よかった。
色んなもののネタバレのためここには書かないですが、何となくご想像いただければと思います。

#香水
Icon of aonami
すださんに書いてもらってるので、あざらしも選んでもらった香水の初見感想しますね。その2。

▼朱鷺羽
Jo Malone - Pomegranate Noir

https://www.celes-perfume.com/product/jo...
大胆で官能的な赤いシルクのイブニングドレスに着想を得た香り。ザクロのジューシーな香りに、ピンクペッパーと華やかなカサブランカがアクセントに。ラズベリーとプラムの甘酸っぱい香りとスモーキーなガイアックウッドにパチュリ(パチョリ)が温かみを添え、魅惑的でミステリアスな印象を演出します。
【ユニセックス/フルーティー ウッディ/オーデコロン】

これは……、何の香りだろう? 自分の辞書にはありそうでない香り。これが石榴なのかなあ?
果実っぽさがメインで、特にベリーの感じを強く受けました、が、根本にあるものは多分ベリーではない気がする……。
説明通りに確かに華やかな香りだとは思うのだけども、甘ったるいという感じではなく、甘酸っぱく、やや青っぽい、植物としての果物の気配。
その中に、わずかに感じられる刺激というかどこか違和感を伴う香り、これがピンクペッパーだろうか?
別に嫌な意味での違和感ではなく、イメージを引き締めるというか、ただ甘いだけじゃない、みたいな感覚。
朱鷺羽の、凛とした感じというか、甘さはあるけどそれだけではない感じ、すごくわかるな……となります。
さっきも言った通り、香りについては全然わからないので、すごく印象の話になってしまうのだけども。
前回すださんからいただいたもの(ラルチザンパフュームのミュール エ ムスク エクストリーム)もベリーの気配を強めに感じ、今回もベリーを含んでたので、特にそういう印象になりがちなのかなぁ、朱鷺羽……??? 甘酸っぱさ……。
(なおあざらしはややベリーの香りが苦手なので、苦手な分強く感じてるとこはありそう)

以下は注文文章。自キャラだから気楽なものです(恥ずかしいけども!!)

【概要】
少しだけ不思議や怪異のある現代日本の片隅に暮らす二人組の片割れ。
表向きはごく普通の女子高生として暮らしながら、ブラックハッカーとして悪質な企業や組織に対して違法なハッキングを仕掛けて情報や資産を抜き取る、「電子の怪盗」シャノアとして知られている。
相棒の轟キリカとともに、時に怪異に巻き込まれたり、時に異界に足を踏み入れたり、時に二人でB級映画の鑑賞をしたり、時にはハッカーとして暗躍したり。面白おかしいいくつもの不思議と日常を経験しつつ関係性を深めていく。
キリカに対する恋愛感情はあるものの、あくまでカップルというよりはコンビ、もしくはバディの色が強い。

【年齢性別・外見設定】
年齢は18歳、女性。
背は160cmそこそこで細身。
肩の上で綺麗に切りそろえられた髪が特徴的。
目が悪いため、黒縁眼鏡を常に身に着けている。
服装は派手さのない、落ち着いた印象のブラウスやワンピースなどを好む。
色彩もモノトーンのものを好みがち。

【性格】
第一印象はクソがつくほどの真面目。正義感が強く優秀でクール、見るからに典型的な「委員長」タイプで近寄りがたい印象を与えがち。その一方でちょっと人と感覚がずれていて天然ボケのケもある。
内面は極めて情熱的。己の興味や信念、感情には忠実で、好奇心の塊。キリカと出会ってからは「面白さ」というものを日々の生活やハッカーとしての活動の中から見出すようになっている。
とはいえ、正義感と白と黒の人間であることには変わりなく、ハッカーをしているのも「己の正義に反したものが許せない」からである。
また、キリカに対しては、出会った当初は友情や連帯感のようなものを感じて過ごしていたが、やがて恋愛感情を抱くようになり、その感情を自覚してからは熱烈にアタックを仕掛けている。とはいえ、普段はあくまで相棒としてキリカのことを信頼しており、相棒関係を崩してでも己の感情を貫くかどうか、躊躇いも抱いている。極めて真面目なだけにその辺りの思い切りは少々足りない。

【設定】
生徒会長を務める見るからに優等生然とした女子高生。裏では悪質な企業や組織に対して違法なハッキングを仕掛けて情報や資産を抜き取るブラックハッカー「シャノア」として活躍している電子の怪盗。名前の通り、ネット上ではしゅっとした見かけの黒猫の紳士のアバターを使う。
勉学においては優秀で極めて卓越したハッキングの腕を持つが、その一方で運動能力など、身体を使うのは少々苦手。
ネット上では、背の高いしゅっとしたシルエットをした、黒猫の紳士のアバターを使う。猫のモチーフが好きであらゆる場所に多用する。
なお、父親はサイバー犯罪対策課の偉い人であり、実はお互いの正体を知らぬままひそかに対決していたりもする。

【イメージカラー】
黒、白、その間のグレー畳む


#香水
Icon of aonami
すださんに書いてもらってるので、あざらしも選んでもらった香水の初見感想しますね。

▼キリカさん
Atelier Cologne - Ambre Nue
https://www.celes-perfume.com/product/at...
琥珀色の香りの層を幾重にも重ねて。それはダークでいて、ミステリアス。官能的な余韻を肌に残します。名もなき山である不思議な花について語らう声が聴こえました。翌朝、山頂で私たちは出逢ったのです。ふと、香るその神秘に満ちた花の香りを。イタリアンマンダリンとラブダナム、アンバーアコードにシナモンのヒントがパンドラの箱を開けさせようとする甘い誘惑の囁きと化してあなたに届きます。
【ユニセックス/オリエンタル/オーデコロン】

初めて吹きかけた瞬間に「ああ~こういう! こういうの!! よくわかります!!」となります。
すっっっごく雑な感想を言うなら、こう、アジア~中東系異国の雑貨屋さんの匂い!!
ガチャガチャした、ちょっと混沌とした、色んな不思議なものの並ぶお店の感じが第一に浮かびました。
すごく、すごーくキリカさんだなぁ……となってしまう……。
キリカさんの、カオスの中に身を置く感じというか。キリカさんの庭であるnumaという場の感じというか。そこは仮想空間であるはずだけど、でも、きっと現実にイメージするならこういう香りではないかな、という気持ち。
甘みの強い、けれど煙たさや苦みを帯びたお香のような。そういう、確かにオリエンタル系の印象のある香りです。
何だかんだ全然使われてる香料の話とかわかんないので、本当に印象の話になっちゃうのだけどもぉ~!
それはそれとして、あざらしはめちゃめちゃ好きなやつで~!
自分でも欲しいなとなる……好きだな……。
すださんの方でチョイスしてもらったキリカさん香水(ミルラ&トンカ)も甘い系の香りでめちゃ好きだったので、多分あざらしは、やや重めの甘さが好みなのかもしれない。キリカさんの匂いに惹かれている……。

ちなみに文面はこんな感じでした。せっかくだからすださん向けに公開。
色々と認識誤りがありそうだけど、あざらしの印象ということでご容赦ください。

【概要】
少しだけ不思議や怪異のある現代日本の片隅に暮らす二人組の片割れ。
表向きはパソコン関連の何でも屋的な技術屋だが、「電子の怪盗」シャノア/天代朱鷺羽のパートナーとして、悪質な企業や組織に嫌がらせを仕掛けるブラックハッカー。
相棒の天代朱鷺羽とともに、時に怪異に巻き込まれたり、時に異界に足を踏み入れたり、時に二人でB級映画の鑑賞をしたり、時にはハッカーとして暗躍したり。面白おかしいいくつもの不思議と日常を経験しつつ関係性を深めていく。
朱鷺羽に対しては複雑な感情を抱いているが、コンビ、もしくはバディとして接している。

【年齢性別・外見設定】
年齢は推定30前後、男性。
背は190cmオーバーで手足や肩幅は大きいが全体的にはひょろっとしている。
無造作に伸ばした、多少ぼさついた赤く染めた髪。
派手なフレームの色眼鏡をかけている。
目つきはタレ目で睫毛が長い。
服装はやたら派手で原色を多用している。
改造白衣や派手な柄シャツ、ネクタイなどが特徴的。

【性格】
派手な服装や奇抜な髪色、そして調子のいい、人をおちょくるような態度が特徴的。何事も面白くなければ意味がない、という主張で朱鷺羽のハッカー活動を後押しし、盛り立てている。
内面的には極めて真面目かつネガティブな思考回路をしている。調子よくふるまうのも、全ては真面目さと悪い想像、それから歪んだヘキの裏返し。内面に秘めた感情の泥濘。
朱鷺羽に対しては、その能力と性格に信頼を置きながらも、どこかからかうような態度を取る。内心では朱鷺羽に対して狂信めいた感情を抱いており「自分ごときが触れるべきではない」「もしくは汚して自分と同じところまで落とさなければ触れることも許されない」という感情を抱えている。そのため、朱鷺羽の熱烈なアタックにはどう答えていいか困惑している模様。

【設定】
絵に描いたようなギークであり、パソコン関連の何でも屋を営む技術屋である一方で、どこか古臭さすらあるバーチャルコミュニティ「numa」の管理人を務めている。朱鷺羽とは元々はバーチャルコミュニティで出会ったのだが、色々あった結果として朱鷺羽にリアルで押し掛けられ、それからなし崩し的にハッカーとして組んで活動している。
かつては医者を志していたが色々あって挫折しドロップアウトしたという経歴を持つ。
「轟キリカ」はハンドルネームであるが、相棒の朱鷺羽は本当の名前を知らない。
ネット上ではピンクのウサギの耳を持つ、デフォルメされた女子学生のアバターを使っている。ウサギのモチーフを多用する。

【イメージカラー】
ショッキングピンク、ビビッドな赤、青、緑(光の三原色)畳む


#香水
Icon of aonami
ちょうどCelesさんがアーサー・パーシングのイメージで選んでくれた香水を挙げてた……。
ブルガリの、オ・パフメ オーテブルー。

畳む

これほんとめちゃめちゃびっくりしたんですよね、アーサー、もっと甘い香りだとばかり思ってたため。
(アーサーというか不真面目な先生のことを書いたのだけど)
でも、合ってないということではなくて、なんかこう、ふわっと、霧に霞む街並みが見えるんだよね……アーサーのいる世界が……。先生の暮らす、あのお屋敷が……。
何となく煙たさのあるようなお茶の香り、その奥に潜むわずかな甘さ、すごくよかったんだよな~!
アイリスとスミレってあたりかなりアーサー感あるよ……。なんとなくあいつに似合うお花の感じ、すごいする。
サンレインさんへのバースデープレゼントのために選んでもらったものなので、今は手元にないのだけど、また頼もうかな~!

#香水
Icon of aonami
Celesさんに頼んでいた色んな香水が一気にどばっと来たため(そりゃ一気に頼んだからな!)あっぷあっぷしている。
特に「雁金視点のロワさん」で頼んだロワさんイメージの香水がこれまためちゃめちゃよくて……。
この辺りはまた後で書きたいな!
ひとつひとつ、改めて香りを確かめながら書きたいため。

でもそう、香水には、おはなしがあるんだな……。
それぞれの香水に、それぞれの物語があるのを感じられて、すごくよいな~としみじみしてしまった。
コンセプトを言葉で説明されるのもそうだけど、実際に香りを嗅いでみて、そこに何らかの物語を感じるということ。
それってやっぱり面白いな~ということを思うのであった。
そんなにいっぱいは買えないし、香りのこともまだまだ全然わからない(嗅いでみても何の香りなのかさっぱりである!)んだけど、でも楽しいな~ということは……思う!

#香水
Icon of aonami
Scentlyさんに、Xのイメージ香水を頼んだ話をしよう。

Scently
https://scently.jp/

ポストに届いたはいいんだけど、なかなか封を開ける勇気が出なくて困ったな……。
(なかなか香りを確かめる覚悟が決まらず、四時間くらい箱を前に頭を抱えていたあざらし)
開けたけど! 開けたけどね!!

 202206112119461-aonami.jpg

はわわわわ はわわわわわわ はわわわわ(あざらし心の一句)

 202206112119462-aonami.jpg

こうやって物理で触れられる形になっていると、もう、それだけで興奮する。
このアトマイザーの中に、Xのイメージが詰め込まれているということ……。
しかしXのイメージってどんな香りなんだ? 何かほんとに好き勝手に書いてしまったが!
というわけで、解説を読む前に香りを確かめてみることに。

……お、思ってたよりもずっと華やかな……何だこの香り!?
かなり強く香るけれど、嫌な感じというか癖のようなものはほとんどなく。
どこかで嗅いだような、比較的親しみのある香りではあるけど……なんだ……!?

というわけで添付されていた解説レターで調合をチェック。

20220611211946-aonami.jpg畳む

【レシピ】
 トップノート:ブラッドオレンジ、ジュニパーベリー他
 ミドルノート:ピメント、ローズ他
 ラストノート:パチュリ、ベンゾイン、シダーウッド他

なるほどな~!!
こうやって拾ってもらえるんだな……面白い……!
色々書いたけど、結果的に第一印象としては優等生的な、かなり親しみ深い香りになってるのめちゃめちゃ面白くて。
でも、あんまり意識されない部分にXの狂気的な部分が含まれている、ということにどきどきしちゃう。
これ、普通に普段使いできそうな香りだから嬉しいな~。
Xの雰囲気を……香りの形で纏えるということ……。

いやー、いい経験をした! またぜひとも他の誰かで作ってもらいたいな!!
やっぱり解釈メモあると俄然嬉しくなっちゃう……うれし……!!
こちらの書いたメッセージのどこを拾ってくれるのか、そういうのを見るだけでもわくわくするからね!

#香水
Icon of aonami
ちょっと香水扱ってるサイトぐるぐる回って診断したり説明読んだりして、気になって仕入れてみた香水!
オーデコロン ポプリ | サンタ・マリア・ノヴェッラ
https://jp.smnovella.com/collections/fra...

これは……ハーバルといえばいいのだろうか?(あざらしは香りの判別が……つかない!)
ポプリというお名前からもうちょい甘い香りを想像してたんだけど、甘さよりもすうっとする感じが強い。
何だろうな……爽やかなんだけどお薬感があるというか……ちょっと漢方風味というか……。ハーブも薬草だもんな。
あざらしはこの香り好きかもしれないな!
もともとミントとかローズマリーとか、ハーブの中でも特にすっとする香りが好きなため。
レビュー見るとお香みたいな香り、というのがあったけど、なるほどな~。確かにそうなのかもしれない。
お香的な香り、結構、好きかもしれんということか……。

#香水
Icon of aonami
以前にお裾分けいただいた香水で結構好きだな~となったのがこちら。
ミルラ&トンカ コロン インテンス | ジョー マローン ロンドン
https://www.jomalone.jp/product/25946/43...

元々、甘いのは苦手かなあと思ってたんだけど、これをいただいた時に「おお~」となったのだった。
バニラ系の、とっても甘い香りなんだけど、なんとも心地よい。
華やかなんだけど、甘めの香水に感じることが多い、ちょっと引っかかるというか、苦手な感じもほとんどなくて、丸い印象。
体につけて外に出るにはちょっと甘すぎるかな~と思うんだけど、寝る前に枕カバーにちょっと吹きかけるとすごくハッピーな気持ちになる。

これ、Celesさんの推し香水でキリカさんイメージで選んでもらったものだということで……。
キリカさんがこんな甘く色っぽい香りさせてると思うと……めちゃめちゃえっちですね……?

#香水
Icon of aonami
香水、前々から気になってたんだけど以前気になったタイミングではまだおつとめしてなかったため、手を出すのが無理だったのだよな……!
今、また少し気になる感じになったので、なんか欲しいな~と考えている。

今、気になってるサービスのひとつはこちら。
Scently
https://scently.jp/

ツイッターで流れてきたレビュー拝見して知ったのですが、かなり最近できたとこみたいですね。
畳む
「可哀想……」でげらげら笑ってしまった。でもよくわかる~!!
こちらはキャラクターのイメージに合わせて調香してくれるサービスのようで、オーダーシートちらっと見たら、わかりに満ちててすごい。
キャラの表の顔と本質を分けて書けっていわれるの俄然わくわくする。
意味もなく書きたくなっちゃう。オーダーシートを。
なによりその香りを選んだ理由を書いた解釈のカードがついてくるらしくて、それはほしいな!?
キャラカクテルでもそうだけど、そのものもさることながら、作り手の解説がおいしいため……。
他者にあらましを説明して、その説明からどこをどう拾ったのか聞くの、とても楽しいんだよな~!

あとこちらもね、前から気になってて。
Celes
https://www.celes-perfume.com/

前にすださんが推し香水できりときを頼んでいて、ちょっとお裾分けいただいたのがめちゃめちゃよくて……。
こちらの推し香水はショップで取り扱ってる既製品の香水から選んでもらうシステム。それはそれで滾る。
そこから「自分はこういう匂いが好きかも!」って知って、手を伸ばせるきっかけになるというか。
あとショップ内のいろんな香水眺めてるだけでも楽しいのでいいな~。

そんなわけで適度な感じで手を出せると……よいな!

#香水

■他愛ないメモ

シアワセモノマニアのあざらしこと青波零也の創作メモだったり、日々のどうでもいいつぶやきだったり、投稿サイトに載せるまでもない番外編だったり、見聞きしたものの感想メモだったり。

編集

■全文検索:

複合検索窓に切り替える

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

■カテゴリ:

■日付検索:

■カレンダー:

2023年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

■最近の投稿:

最終更新日時:
2024年06月18日(火) 17時52分53秒