幸福偏執雑記帳

あざらしこと青波零也のメモ的なものです。

毎月300字小説企画2件]

Icon of aonami
毎月300字小説企画「白」
第13回「白」2024年01月06日

 ミルク・リキュールをベースにしたカクテルは多くない。グラスに注がれたカクテルは、カウンターに置かれれば、照明を浴びて冴え冴えとした白さを放つ。
 見慣れぬお客様は、グラスとロワさんとを交互に見やる。頼んだ覚えがない、という顔。この店の仕組みを知らなければ尚更。お客様の視線を受けたロワさんが、眼鏡の下でちぐはぐな色の目を細めた。
「あなたの『物語』に、私からお贈りする一杯です」
 どうぞ、と言われたお客様が恐る恐るグラスに口をつける。それは、ミルクとフルーツの味わい。お客様の口から物語られた、甘酸っぱくも清廉な「愛」のイメージ。お客様が目を見開く。きっと、その人が何よりも欲していた味に、違いなかったから。

――『イノセント・ラブ』

20240106222914-aonami.png畳む

#[毎月300字小説企画]
Icon of aonami
毎月300字小説企画「初」
第一回「初」2023年1月7日

「まさか、ほんとに車出してくれるとは思わなかった」
「出さなかったら困るだろ。君というより、奈月さんが」
「持つべきものはよい同僚だなあ」
「迷惑がられてないかだけが心配だよ。奈月さん、君と二人で過ごしたかったんじゃないか?」
「見ての通り、喜んでるよ?」
 そういうものなのだろうか。首を傾げたまま、半ばまで灰になった煙草を携帯灰皿に捨てる。
 うっすら明るくなりゆく空の下、近くの自販機に寄っていた奈月さんが戻ってくる。手渡されるのは温かな缶コーヒー。
「わがまま聞いてくれて、ありがとうございます」
「いえ。どうせ、暇なんで」
 笑ったつもりだったけれど、果たして、上手く笑えただろうか。
 ――初日の出まで、あと数分。

――『薄明の下』

20230107224501-aonami.png畳む

#[毎月300字小説企画]

■他愛ないメモ

シアワセモノマニアのあざらしこと青波零也の創作メモだったり、日々のどうでもいいつぶやきだったり、投稿サイトに載せるまでもない番外編だったり、見聞きしたものの感想メモだったり。

編集

■全文検索:

複合検索窓に切り替える

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

■カテゴリ:

■日付検索:

■カレンダー:

2024年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

■最近の投稿:

最終更新日時:
2024年06月18日(火) 17時52分53秒